ケネディ暗殺、58年目の真実

Vol.2-2.28-411   ケネディ暗殺、58年目の真実
2021.2.28

<ジョン・F・ケネディ > ケネディ大統領暗殺事件>

場  所:アメリカ合衆国テキサス州ダラス
座  標:北緯32度46分44.51秒 西経96度48分31.21秒
日  付:1963年11月22日
攻撃手段:ライフル銃による狙撃
犯  人:リー・ハーヴェイ・オズワルドの単独犯行とされている
動  機:不明
関与者 :不明

ケネディ大統領暗殺事件は、1963年11月22日金曜日、現地時間12時30分にテキサス州を遊説中の第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディがダラス市内をパレード中に銃撃され、死亡した事件である。

1時間後に逮捕され犯人とされたリー・ハーヴェイ・オズワルドは2日後にダラス警察署でジャック・ルビーに銃撃されて死亡し、法廷に立つことはなかった。

翌年に出されたウォーレン委員会の公式調査報告は事件をオズワルドの単独犯行として大統領は後方から撃たれたと結論づけた。

しかしこの調査報告に対して数々の疑惑と反証になるライフル銃の軌道や周囲の状況証拠や証言が出るなど長年にわたって真相についての議論が続き、白昼に多くの人々が見ている前で起こった衝撃的な銃撃事件だった。

また、犯人がすぐに殺害される意外な展開、その後に暗殺の動機も背後関係もわからず多くの謎を残したまま捜査が終了したことから数々の陰謀説が出て、事件から半世紀が過ぎてもなお論議の的となっている。・・・とネット情報にある。

ジイはニュース映像で撃たれる瞬間を何回も見た。

アメリカはもとより、日本でも人気の高い大統領である。
1961年1月20日に第35代アメリカ合衆国大統領に就任した。このときジョン・F・ケネディは43歳8か月で、合衆国史上もっとも若くして選ばれた大統領であった。

特別有名なのが就任演説である。

『・・・わが同胞のアメリカ人よ、あなたの国家があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたがあなたの国家のために何ができるかを問おうではないか・・・』

作家・落合信彦氏はアメリカでこの演説を聴いて、アメリカの何かが変わる予感を感じ、身震いするほの感動を覚えたと何かに書いておられたのを思い出す。

ワシントンで留守番の当時6歳であった大統領の愛娘キャロライン氏。平成25年(2013)から4年間駐日大使を務めたことは記憶に新しい。

当然のごとく、ケネディ人気の高い日本である。キャロライン氏も日本では温かく迎えられ人気も高かった。4年間努め惜しまれて帰国となった。

ところで、この「ケネディ暗殺」の新説が出たのである。

元CIA長官を務めたジェームズ・ウールジー氏。
23日発売の著書で、オズワル容疑者が旧ソ連のフルシチョフ共産党第書記から暗殺指令を受けていたとの新説を発表したのだ。

このオズワルド容疑者、昭和32年(1957)当時、海兵隊員として、日本に勤務していたことを知って急に事件を身近に感じた記憶がある。

この当時にソ連の工作員となって、1959年にソ連に亡命し現地女性と結婚した。その女性がKGBの要員だったというが、それが本当だとすると、フルシチョフとの話も現実味を帯びてくる。

1962年にアメリカに帰国。1963年に実行に及ぶと言うシナリオである。

真偽は不明であるが、オズワルドがソ連当局に送った書簡を解読すれば、背後にソ連がいたことは疑いないと、この本の中で語られているそうだ。

60年近くの時が流れてなお「ケネディ暗殺」の衝撃は消えていないのだ。

事件後、、
◆出版された文献・出版物は90近くになる
◆ドキュメンタリー・・・14
◆映画・・・12本
◆ドラマ・・・3
◆日本のアニメ、ルパン三世やゴルゴ13にも事件は登場している。

因みにジイはアメリカに行った時。ステイ先の近くに住むおばあちゃんに「PRESIDENT KENNEDY」なる本をプレゼントされた。

久し振りに懐かしくサンタ・バーバラを思い出した。

ブログランキング・にほんブログ村へ

世界,日本,雑記

Posted by 秀木石