節操なきオンライン放言

Vol.2-7.12-545   節操なきオンライン放言
2021.7.12

オリンピック開催中止を叫ぶ左翼系の人々は本当に熱心である。

日本共産党がある時期から、SNSを中心としてネット戦略を打ち出してから、いろんな場面でオンラインによる呼びかけがより顕著になった。

今回、報じた朝日新聞も左だが、この反対運動の大半がリベラルとはどういうことだろうか。その内容を注意深くみてみると方向性が見えてくる。

哲学者の内田樹氏が「オリンピック開催中止を」呼びかけを報じた内容にそのヒントがある。

<朝日新聞デジタル>
『社会学者の上野千鶴子さんや元外交官の飯村豊さんら学者や作家、ジャーナリストら14人が呼びかけ人となり、東京五輪の開催中止を求めて2日に始めたオンライン署名に、10日現在、13万人近い賛同が寄せられています』

まず最初に、国民の大半は“五輪反対なんですよ”とイメージを植えつける。上野千鶴子さん、飯村豊さん、主導した内田樹さんもリベラルである。上野さんは筋金入りの全共闘活動家でマルクス主義・フェミニスト。ジャーナリストの名前は不明だが、この主導者からみれば凡そ察しが付く。

哲学者の内田樹氏によれば、「政府のやっている政策は支離滅裂」だと指摘しながら、
政権維持を目的とするなら、早い段階で五輪中止を決定して、全力を新型コロナウイルスの感染対策に向けた方がよかった。その方が、民意を得る上でははるかに効果的だったはずです。自己利益をはかるならそうすべきだとわかっていながら、そうできなかった。

五輪開催で利益を得るというのは、一握りの人たちしかいません。それなのに、日本全体がまるで濁流にのまれるように、緊急事態宣言下の五輪開催に流されている。誰かが「待った」をかけなければいけません』

左翼系の人間の言わんとするところは
①政権維持のため ②IOCの利益のため、の五輪利用は許さん。
「全力を新型コロナウイルスの感染対策に向けろ」ということだ。

今やれるのは緊急事態宣言し、緩やかな規制のもと、ほぼ国民の善意に期待するしかない。もっと感染対策をやれというなら、強制力をもたせようと法律改正を打ち出した時、何故反対したのだ。つまり政権批判がすべてなのである。

コロナワクチンも遅きに失したとはいえ、ほぼ目途が立った。内田氏を始め、今国民ができることは、「決まった以上我が国の名誉にかけ、国民一人一人が万全の感染対策を自らに課し、オリンピックの成功に協力しよう!!」という呼びかけではないのか。

何しろ、政府憎し、政府を批判し、流れを逆流させ日本を混乱に導く、まさに濁流を起そうとしているようにしか思えない。

国民に署名を呼び掛けるのなら、1年も前にやることではないのか。今ここで混乱に拍車をかけるようなことを平気でやるとは、哲学者・内田樹がやることか。

内田氏グループの署名活動こそ混乱の元凶である。

内田氏の行動に触発されたのか、全国知事会のオンライン会議でのバカ発言が相次いだ。

<全国知事会のオンライン会議>
~ 東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県の会場は無観客、北海道、宮城、福島、茨城、静岡は有観客と決定 ~

そう決まったにもかかわらず、

◆北海道、宮城、福島、茨城、静岡は有観客といったん決まったその後、北海道と福島は知事の判断で一転して無観客と決定。
※【「夕張を助けたい」東京から夕張に転身した時は勇敢な心に打たれたが、結局逃げ出した。その程度だ 】

◆秋田県の佐竹敬久知事は「言いにくいが、全部無観客にしていただいた方がいい。往来を相当厳しく制限しないと感染拡大は防げない。(観客の)直行直帰は無理だ」と発言
※【「秋田県」を必死で守るのが秋田県知事の務めだ。“ 言いにくい ” ことを言わなくていい。自分の県に集中しろ 】

◆これに対し、村井嘉浩・宮城県知事は「すでに観客を入れて開催する準備を始めている。混乱するので、知事会として(政府に対し)『無観客』の提言を入れないようにしてほしい」と反論
※【 村井知事の言う通り 】

◆島根県丸山達也知事は関係者別枠は『この橋渡るべからず』だと皮肉。国際オリンピック委員会関係者は入場できるとした判断を批判
※【 バカの上塗りはやめたほうがいい。関係者を入れずして誰がオリンピックを誘導するんだ。あんたがやるのか?能天気バカとは君のことだ 】

◆無観客を決めた北海道の鈴木直道知事は知事会の席上、「やむを得ない。楽しみにしていた人の気持ちを無駄にしないよう、いつも一緒にいる人とのテレビ観戦など、安全なスタイルの呼びかけを徹底してほしい」と話した。
※【 自分で呼びかけろ。その程度のこと自分でやってみろ 】

◆大阪府の吉村洋文知事も「デルタ株への置き換えが進む中、第5波は避けられない。『オリンピックは自宅で応援を』と呼びかけて
※【 北海道の鈴木知事と打合せしたようなことを言うんじゃない、自分で呼びかけろよ 】

◆愛知県の大村秀章知事は「全国的に五輪のパブリックビューイングを自粛すべきだ」と訴えた
※【 全国にはそれぞれ知事がいる。名古屋だけでやるのは恐いから、全国に同調を得るとは何と情けない。“「あいちトリエンナーレ」自由展 ” のように自由にやればいい。あんな恐ろしいことをやった知事だ、恐れることない 】

◆静岡県の川勝平太知事は知事会後、県内で予定されている自転車競技について、組織委が示した制限の下、観客を入れて実施する考えをあらためて示した。
観客数を「収容人数の50%か上限1万人」とした制限について、川勝知事は「感染防止対策の実効的な措置」と評価し、「静岡県は組織委と同一の歩調を取れる」とした
※【 JR新幹線の嫌がらせとはうって変わって立派な対応。リニアも常識的判断を願いたい 】
・・・・・・(※【 】この部分はジイの評)

何とまあ、オンラインだと言いたい放題。節操無き、情けない知事の多いことよ。世界一位を維持している日本の誇るスパコン「富岳」が、観客を1万人入れても、コロナ感染は1%以内に抑えられるとした。せっかく世界に誇った富岳も必要な時に必要としたデータさえ無視される。

富岳も「ふがくない」いや、不甲斐なさに落胆しているのではないか。

ブログランキング・にほんブログ村へ